人生の話

『人は人として正しくなければいけない』

 

 

「人は何のために生きているのか?」  と考えたことはありますか?

 

震災後よく 「震災に遭い、亡くなった方々の分まで生きなければならない。残った私達は生かされているんだ」というお話を聞きます。

途方もない苦難にお遭いになった人達しか語れない、重い言葉です。

 

では私達は?

「生きていた足跡を残すため」

「子供達の成長を見守るため」

「夫婦の絆を保つため、守るため」

そして「人生を楽しむため」

 

いろいろな生きる目的と価値が、必ず人にはあります。

生きる価値が無い人はひとりもいません。

 

しかし、「生きる」そこには必ず "ルール" があります。

それを私は、 『人として正しくなければいけない』 と考えています。

 

 

line
トップ
ホーム
whatsnew
工事現場レポート
スペース
施行実例
フレンドリークラブ
なかけんハウジング作品集
お客様の声

カレンダー

<   2012年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のブログ記事

アーカイブ