こんにちは。工事部の齋藤です。

T様邸は、重量鉄骨造なのですが、道路側の正面となる部分の一部は、鉄筋コンクリート造の壁になっています。

写真は、コンクリートを打ち込むための枠で、型枠と呼ばれるものです。

通常、型枠はベニヤを使いますが、今回は杉板を使っています。

杉板を使うと、本来、無機質なコンクリートですが、コンクリートの表面が、木の目や節などの凹凸がつき、風合いが出てます。

鉄筋まで終わった状況です。本日、コンクリートの打設まで完了しました。出来上がりが楽しみです。