T様邸の鉄骨工場に検査の立会いに行ってきました。

手前から奥に行くほど、組立が進んだ状態になっていきます。

どれも、柱と梁がつながる部分です。

見えなくなる部分の溶接に欠陥がないか?、寸法は合ってるか?などを検査します。


もちろん、大きな問題なく合格でした。これで、この先の加工に進めます。ある程度出来上がった段階で、もう一度検査を受けます。

基礎工事でもそうでしたが、鉄骨工事でも沢山の検査を受けて、現場を進めていきます。