こんにちは、営業の新村です。

先週、浜松市南区で上棟式を行いました重量鉄骨造住宅の現場の近隣さんが地元なので、

いろんな声を聞きました。

あれは住宅?柱の大きさは?柱と柱があれだけ空いていて大丈夫?

基礎も見ていたけれど、普通の住宅では無いよね?

そうなんです!木造とは違うのです。

 

■重量鉄骨造住宅とは?■

鉄骨造には「重量鉄骨造」と「軽量鉄骨造」の2種類があります。
柱や梁などの躯体部分に鉄製や鋼製の部材を用いた建築物のうち、鋼材の厚みが6mm以上のものを「重量鉄骨造」、6mm未満のものを「軽量鉄骨造」といいます。」

 

■一般的な骨組みの厚さは?■

ハウスメーカーなどで使っている厚さ3.2~4.5mmの鉄骨は基本的に軽量鉄骨と言われる物です。

重量鉄骨は6mmの鉄骨を使い、鉄骨柱の太さが100mm角の会社が大半です。

重量鉄骨と言いながら、パネル工法を用い軽量鉄骨寄りの商品でも重量鉄骨と謳うメーカーもあるのが現状です。

 

■中村建設の重量鉄骨造の骨組みの厚さはどれくらい?■

浜松市の中村建設の重量鉄骨造YONBACOの柱は250~300角の大きさが基本です。

柱の厚みは9~12㎜のものを採用し、重量鉄骨造の基準となる6㎜以上を上回る材料を採用しています。

ビルやマンションで採用される骨組みを採用し、地震に強い安心安全な家をご提案しています。

 

 

先週引渡した物件でお世話になった不動産からも、

さすがに総合建設業だね・・・・あれなら地震が来ても倒れないよ!

見た目の頑丈さは伝わっている様子です。詳しい話はHPにて問合せ下さい。

 

先日、会社の近くですが、有名すぎてなかなか食べれないラーメンを食べました。

浜松市中区にある浜田山のラーメンです。魚介スープに太麺があいます。

初めて食べましたが、また行きたい一品です。