狭小地に家を建てるなら重量鉄骨がオススメ!当社では、これまでに培った豊富な経験と実績のもと、重量鉄骨造と木造のどちらの構造も手がけています。

重量鉄骨と木造、どちらを建てるかは、立地条件や用途、ご予算などによって自由にお選びいただけますが、もしも敷地面積に余裕が無い場合は、断然「重量鉄骨」をおすすめします。

狭小地に家を建てる際には、「限られた土地をいかに有効に利用するか」、そして、「狭さによる圧迫感をどう解消するか」という2つの課題をクリアする必要があります。
重量鉄骨では大きな柱と梁で頑丈な構造を構成するため、木造住宅と比べて柱の本数も少なくてすみます。


そのため、木造よりも空間を広く使えるだけでなく、間取りも自由にプランできます。

たとえば、狭小地に二世帯住宅を建てたい場合や、店舗併用住宅を建てたい場合は、必要な面積に応じて3階建てや4階建てにすることができ、もちろん地下室を設けることも可能です。

また、狭小地の場合、駐車場のスペースを確保するのも大変なので、1階をガレージにして2階以上を住宅に利用する方法もあります。

「なかけん」では、これまでに間口3.6メートルの住宅や、市街地にある30坪の敷地に建てた店舗併用住宅など、重量鉄骨によって狭小地でも暮らしやすい住まいを実現してきました。
その一部をホームページでご紹介していますので、ぜひご覧になってくださいね♪