一般建築 内部も外部も着々と

| | コメント(0) | トラックバック(0)
加藤潤之 工事レポート

こんにちは!
前回もお伝えした物件は
内部も外部も着々と工事が進んでおりますhappy01


20170618.jpg

外部では、庇の取付をしました。
基本的に木造建築ですが、一部鉄骨で下地を製作しました。
写真は庇の下地です。
図面は僕が作成し、鉄骨業者さんへ発注。
現場では大工さんに取付してもらいました。
高い位置にある庇ですので、強風にあおられます。
そういうわけで、頑丈な鉄骨で制作ということになりました。
これなら台風が来ても安心ですね!


20170618-2.jpg


























こちらはスチールドアの搬入状況です。
今回は全部で6箇所、スチールのドアがあります。
アルミと違ってとても重いので、取り扱いには注意ですsign01
搬入は3人+1名で行いました。
スチールドアの取付は、ビス止めではなくて溶接固定となりますeye
ドアや窓が付くと、建物らしくなってきますね!

20170618-3.jpg


























こちらは内部の状況です。
この部屋は床下空調をします。
そのためコンクリートの土間や基礎の立上りにはすべて断熱材を貼り付けます。
床の足元もウレタンで補修し、断熱材の継ぎ目はテープで目張りをします。
床下の空気がそのまま室内へ流れ込みますので、この部分の断熱は非常に重要な工事となります。
職人さん、綺麗に施工してくれましたhappy01


工事の流れとしては外装を進めつつ、内部の工事も進みます。
基礎や建て方の時と違い、現場へ入場してくる業者さんが増えましたので当然作業員人数も増えてきました。
業者さん同士がぶつからないように、現場の流れを調整するのは現場監督の仕事です。
毎朝の朝礼と、お昼の打合せで、調整しながら進めるのは大変ですが、少しずつ形になってくると嬉しいものですね。
まだまだ工事はたくさんありますが
少しずつできてくるのを楽しみながら進めていきたいと思いますclover







トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 一般建築 内部も外部も着々と

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.n-house.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4229

コメントする