建築設備の大切さ

| | コメント(0) | トラックバック(0)
加藤潤之 工事現場レポート


こんにちは!
皆さんは建築設備という言葉を御存じでしょうか?

201712083.jpg

建築設備とはその名の通り建築物の中にある設備を言います。
設備といっても様々なものがあり、電気・水道・空調・換気などの項目に分けられています。

私は父が設備会社を経営していることもあり、小さなころから現場で遊ぶのが好きでした。
高校生ぐらいになると手伝いとして建築現場の配管工事をしており、知識も資格もありませんでしたが職人さんなどから教えてもらったりして仕事をしていました。

現在建築の仕事をしていても、いつも思うことがタイトルに書かせて頂いた、「設備の大切さ」です。
建築工事として建物を作っても、蛇口から水が出ないと生活が出来ません。
暗くなったときに電気がつかないと困ります。
もちろん設備だけでは成り立たないのですが、建築には設備が無ければみんな困ってしまうのです。


現在管理させて頂いている住宅は現在大工さんの工事中ですが、設備工事のメイン部分が完了しております。
見えなくなる前に、施工状況をチェックしてみました。

弊社でいつもお世話になっている電気屋さんと水道屋さんは、とても綺麗に配管や配線を施工してくれます。

201712082.jpg





















主に電線設置状況なのですがやはり綺麗です!
ですが天井の中に隠れて見えなくなってしまうのが残念ですね(笑)



さて今日はもう一つ話題があります。
先日、中村建設株式会社で防災訓練が行われました。
これは消火器訓練です。
カラーコーンを「」とみたてて疑似消火をしています。
意外と知らないことですが、消火器は寿命が5年となっています。
いきなり使えなくなるわけではありませんが、いざという時に使えないと困りますよね。
消火器本体にいつまで使えるか記載があるはずですので͡、この機に確認してみましょう!
5年以上経過していても、中身を詰め替えすることも可能です。
いざという時の為に備えましょう!

201712084.jpg






















こちらは煙体験です。
テントの中には煙が充満していて中に入ると前が全く見えません。
今回は訓練ですので本物の煙ではありません。
ですので吸ってもなんともないのですが、本物の煙であったらムセて息が苦しくなると思いますので、
前が見えないうえに煙でムセるとなると、きっとパニックになってしまいますね。



201712085.jpg






















冬は火事がおきやすい時期です。
まずは火事を起こさないことに注意しましょう!


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 建築設備の大切さ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.n-house.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4429

コメントする