肉厚の違いについて

| | コメント(0) | トラックバック(0)

新村恵一  営業レポート

 

こんにちは、営業の新村です。

本日は夕方から会社のボーリング大会に参加いたしましたpunch

結果は内緒ですが、他部門の若い人達ともたくさん話ができました。

毎回参加して競争している若い社員に2ゲームで50点以上差をつけられ負けてしまいました。

次は勝ちます。

 

先日、打合せしたお客様にこんな質問がありました。

重量と軽量の肉厚の違いを教えてください・・・・・

柱の違い!.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側が我が社で仕様している鉄骨で300角で厚みが12mmです。

もちろん、建物の大きさによって大きさと肉厚は変わります。

右側が軽量鉄骨で3.2mmです。

薄いから安いこと、耐震性能は12mmより劣ります。

更に熱に弱く、曲がってしまいます。

だから重量鉄骨造のほうが高くて耐震性能があるのですhappy01

ですが、ハウスメーカーさんはYONBACO=ハウスメーカーさんお軽量鉄骨造と同じ金額です。

ハウスメーカーさんも重量鉄骨造は軽量よりも耐震性能があるのは証明しています。

ですが、坪単価85万~100万してしまうのです。

我が社のYONBACOは坪65万~です。

私と打合せ後に展示場に行き、同じ説明を受けたみたいです。

ハウスメーカーさんから坪65万は間違っていると言われ心配になり、再度連絡をいただきました。

我が社は総合建設業なので鉄骨が他よりも安く買えます。

更に重量鉄骨造の実績もあります。

お値打ちで心地よい家、重量鉄骨造YONBACOを是非、宜しくお願いします。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 肉厚の違いについて

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.n-house.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4205

コメントする