鉄骨業界の現在

| | コメント(0) | トラックバック(0)

新村恵一  営業レポート

 

こんにちは、営業の新村です。

先日、我が社に「鉄骨建設業協会」から要望書が届きました。

内容は東京オリンピックに向けて、主に首都圏の建物建設により、

鋼材費、輸送費、施工費の値上がり、

技術者、技能者不足で円滑に工程が進んでいない様子です。

高層ビルや人が集まる施設には、地震や自然災害から人を守るために、

やはり鉄骨造の建物が増えている様子です。

 

 

先日、東京タワーやスカイツリーの構造を勉強しました。

東京タワーは4本の鉄骨で組んだ足で333mの高さです。

スカイツリーは真ん中の柱(内塔)を中心に3本の鼎(かなえ)トラスで支えています。

スカイツリーa.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上部の写真が構造です。

この鼎トラスが4本の柱を軸に水平ブレスで支えています。

そうです、我が社の重量鉄骨造YONBACOと同じ考えです。

4本の柱と軸に自由設計と同じ考えです。

東京タワーも4本足、スカイツリーも4本の柱を軸に!

大きな建物、人が集まるから鉄骨造?

だけでは無く、家族を守るために重量鉄骨造を皆さん採用してみませんか?

他のハウスメーカーよりもお値打ちに提供していますhappy01

現在のYONBACOはこちらです。

http://www.n-house.jp/report/2017/07/yonbaco-10.html

お問合せください。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 鉄骨業界の現在

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.n-house.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4278

コメントする