新城市にお住まいだったK様は、市役所の新築に伴う立ち退きによって移転することになり、今回豊川市に新築移転をされました。

「築23年の家にはいろいろな思い出、愛着がありました。」とK様。移転の話があってから5年ほどの期間があり、その間に土地探し、いろいろなハウスメーカーとのやり取りがあったそうです。

「どのメーカーの営業の方も判断を早く迫るようなやりとりで、ちょっと待ってくださいという感じでした。」1年ほど前にやっと希望に叶った土地が見つかりました。中村建設の社員の繋がりで中村建設の家を知り、モデルハウスを見学。

担当プランナーと話をしていくうちに「プランナーさんとの話のペースなら自分たちの望む家が建てられるんじゃないか。」と思ったことが決め手になったとのこと。

 

ご自分のタンスなどを置ける部屋をまず考えたり「間取りなどのプランを立てていくと以前の家に似たものになってきたのも、慣れ親しんだ家への思い入れがあったのだと思います。」とK様。

建築の間に当初同居の予定だった娘さんが嫁がれたりとおめでたいこともあり、計画に変更が出たことも含め「いつでも家族が集まれる家にしたい」という思いが形になったと話してくださいました。

 

モダンクラシカルな引き戸を求める方が増えています。もちろん安全性も高い仕様。内側は大きいシューズクロークを設け、玄関廻りをすっきり。

 

リビング階段を採用。リビングの一角にPCスペース用のカウンターを提案。

 

 移転前のご自宅と同じ広さの和室。真壁和室で落ち着いた雰囲気に。

2階廊下は家具設置スペースを考えて広めに設計。風の通りを考えた窓の配置。

 

2階の居室は全て南側へ配置。掃き出し窓から明るい光が入る。

 

玄関ホール正面にエコカラットの提案。調湿・脱臭機能に優れデザイン性のあるタイル。

 

洗面室にたっぷり収納。階段下部分も収納として使える提案。

 

【担当プランナーからのメッセージ】

豊川市にてK様邸を施工させて頂きました。移転前の新城のお住まいの良いところを引き継いで明るく使いやすい間取りを提案しました。

家族が集まりやすいようにリビングにこたつを配置したい。和室は以前の建物と同じようにしたい。風通しの良い建物にしたい・・・と、たくさんの要望が詰まった建物になりました。

 

いつもお打合せの時は温かく迎えてくださり、家族の一員になれたと錯覚するような楽しいお打合せでした。

移転した新しい土地で楽しい生活ができることを心よりお祈り申し上げます。