ご主人奥様ともに「自然が好き、どちらかというと田舎暮らしがしたい」というT様は、庭を大きく取れるようにと2区画分の土地を購入。

お二人とも平屋で育ったということで、平屋建てでプランが始まりました。「こうしたいというイメージを出していく形で家づくりが進みました」と奥様。


引き戸の玄関を開けるとまず大きな土間が広がり、そこに畳の日本間が続きます。

海外暮らしを経験されているご夫妻は「広い玄関の便利さと、日本の古い家のイメージを形にしたいと考え土間を設けました」。

 

ご主人の趣味である自転車が置けること、訪ねてきた人がちょっと座り込んで話せるような場所が作りたかったとのこと。

便利さと和やかさを兼ね備えた約3坪の土間は、この家の大きな特徴となりました。

 

約20畳のLDKは無垢の杉を床板に、勾配天井プラス高窓で平屋とは思えない高さを出し、たいへん広々としています。

庭の高さに合わせてウッドデッキを低く設け、出入りがし易くしてあります。続く子供部屋には3つのクローゼットが並んでいます。

 

3人の娘さん用のクローゼット床はそれぞれ違う色を採用。「娘3人がこれからどういう風にこのクローゼットを使っていくのか写真にして残したいぐらい」と出来映えに満足そう。

中村建設の若いスタッフとのやり取りは、アイデアを膨らませ、自分たちの家を建てるんだという楽しみでいっぱいだったそう。

「これからもちょくちょく遊びに来てもらいたいぐらい」と話してくださいました。

 

土間から和室へと続く玄関。自転車やキャンプ用品などを収納できる。

 

東側に窓を設けた平屋建て。東西に風が抜ける。

 

玄関までスロープを設置。高低差もなく出入りが楽。

 

玄関引き戸と合わせたデザイン窓の提案。

 

客間としても使える和室。

 

勾配天井で高さを出したリビング。

 

リビングにはご主人の書斎もある。床は暖かみがある杉無垢材を採用。

 

キッチンには明るい色を使って温かみのある雰囲気に。

 

タオルや下着、洗剤の買い置きなどをたっぷり収納できる洗面収納。

 

防音仕様の洋室。グランドピアノを置いてピアノ教室を開くのが奥様の夢。

 

【担当プランナーからのメッセージ】

袋井市萱間にてT様邸を施工させて頂きました。当初より広い土間を希望されていたT様。手書きのイメージプランをもとに具現化していったお打合せがとても楽しい思い出です。

書斎スペースも私たちの提案を喜んで頂いて、ホッとしています。南側には大きな窓を設けず、東から光を取り入れる斬新な設計や、西側の高窓から西日を取り入れる工夫など心地よい空間提案を随所に散りばめました。

風が抜ける設計が採用され、風通しの良い建物になりました。ご家族の皆さんが楽しく住まわれることをお祈りいたします。