駅からほど近いところにあるH様邸は事務所付の住宅です。H様ははじめから重量鉄骨造をお考えだったとのこと。

「実はなかけんさんの前に他社にも声をかけていました。」とH様。重量鉄骨造で調べ中村建設を訪問した際、担当プランナーと話したことがきっかけで、中村建設での施工を決めたとのこと。他社に比べ中村建設の重量鉄骨造「どっしりくん」は、柱のスパンが広く取れ大空間がつくれることも決め手となったひとつだそうです。

「H様邸の場合、ご自身でどのような住まいにしたいというものをしっかりと持っていらしたので、私たちはそれをどう具体化するかをお手伝いした感じです。」と担当プランナーは言います。

「プラン作りの段階から施工中まで、とにかくたくさん打ち合わせをしてもらいました。担当プランナーさんと出会わなかったら施工してなかったかも。」と笑いながら、打ち合わせの様子をお話しいただきました。

住居部分で特に目を引くのはご家族が集う3階です。階段を上がるとスパンの広さを最大限活かしたリビングダイニングが広がります。ガラスがはめ込まれた階段手摺、シンメトリーに配置された窓、天井の間接照明のデザインなど、面積以上の広がりを感じさせます。

実はこの地域は防災規制区域にあたるため窓の大きさに制限がありますが、小さな窓を配置することで明るさも十分確保できています。

 

赤い玄関ドアは奥様のアイデア。同じ色目をキッチンにも取り入れました。住居部分にぱっとした明るさが出ています。

30坪の狭小地、事務所付住居という条件のなかで、H様のご要望に最大限応えることができた重量鉄骨造の好例となりました。

何よりもインタビューの中で何度も出てきた「ご縁の大切さ」を感じる物件です。

 

小上がりの畳スペース

 

日当たりの良い3階のバルコニー。

 

手摺をスケルトンタイプにして解放感を出した階段。左は磨りガラスをはめて光を入れた子ども部屋

 
赤が鮮やかなキッチンダイニング横にお子さんが勉強する場所を設けたガラス張りの階段手摺。
これだけでもかなり解放感が出る。
住居部へと続く階段は雰囲気のある照明に。
赤と白のコントラストが明るい玄関小窓もアクセントに。