息子さんご夫婦とお孫さんとの同居のため35年以上住まわれた家を建て替えたM様邸。
設計事務所にお勤めだった若奥様とのご縁で中村建設での施工となりました。契約前にはモデルハウスをじっくり見学されたとのこと。

専門知識のある若奥様に対してどのような提案ができるか、力の入った物件です。

間取りは1階親世帯、2階に子世帯でそれぞれにキッチン、浴室があり玄関は別という独立分離型2世帯住宅ですが、1階に若夫婦の寝室があり、アレンジ型の2世帯住宅といえます。お子さんがまだ小さいこともあり、「当分は2階で川の字です」と話すおふたり。

子世帯のご主人の希望は「小さくていいから書斎が欲しい」というもの。「なかけんさんにはセンチ単位で無理を言って好みの部屋にしてもらいました。」と笑います。しかし、そのようなやりとりの中でもご主人は、中村建設の対応について「注文に対して“無理です”と言われたことがない。なんとかしようという姿勢がうれしかった。」と話してくれました。

お父様の方はほとんど注文を付けなかったそうですが、1階はスペースを活かしてゆったりとした間取りとなっています。インタビューの途中で若奥様が「お義母さんの希望が叶えられたかどうか気がかりだった。」と話していましたが、趣味が多いとおっしゃるお母様は、自分の部屋と十分な収納スペースが確保できて大満足と言います。

 

互いの世帯のスペースや居心地を若奥様が考えながら家づくりが進んでいったことがうかがえます。

 

今回お話をうかがったのは2階の和室。掘りごたつのある小上がりになっています。こちらはリビングにみんなが集える場所をと考えてしつらえたそうです。それぞれの世帯がこれからどのように暮らしていくのか、その空気が伝わるような穏やかな雰囲気でした。

1Fリビング・キッチン。全体にゆったりとしたスケール。

1Fに配置したベッドルーム。クローゼットを挟んでいるのでプライバシーを考えた間取り。壁の小さな棚は「メガネ置き」
2Fリビングと小上がりの和室。お子さんが小さいので、目の届くオープン型キッチンに。
日当たりの良い2Fベランダとサンルーム。ベランダの下の部屋がお父様お母様の寝室。互いの暮らしに配慮している。