今回取材のS様はお子さんも小さく、お若いご夫婦で初めての家づくりでした。

さぞかし悩んだのでは?と伺うと「いえ、ほとんど中村建設さんにお任せしました」というちょっと意外な答えが返ってきました。

最初は実感がわかず「なんとなく他人事のようでした」とご主人。いろいろな提案やアイデアを出す中村建設の熱心さに徐々に乗せられていったとのこと。
スマートハウス仕様は中村建設が提案。太陽光発電の発電量、売電量だけでなく、もっと細かく電力の使用状態がわかり、コントロールできます。

災害時には日中は発電した電気を家庭で使えるので安心です。「節約への意識が高まってとてもいいと思います」と奥様。

1階はなんといっても柱の少ない21.5畳のリビングダイニング。木造住宅でもここまでできるのかと驚きます。光が多く入り広く明るい空間になっています。

和室は浴室、脱衣所とも繋がっていて家事室を兼ねています。仕切れば客間にもなると提案されて採用。完成して「これは使えるね」と喜んだとのこと。

和室から繋がる洗面室にも収納の提案。

「デッドスペースをなるべく少なくして収納スペースにというご希望もプラン提案の中で出てきた話、とにかくいろいろなアイデアを出してくれました」とS様。

ご夫婦揃ってのお気に入りは16畳ある広いバルコニー。物干し場だけでなく、子どもさんの遊び場としても十分活用できそうです。

「こだわりがない分、予算も含めて選択肢を多く作ってくれたことが私たちにはとても良かったと思います」とお二人。こうすることもできますという多くのプランがお二人の家づくり心に届き、響いたのだと感じました。

リビングダイニングの灯りはスポットとダウンライト、間接照明で構成。

 

 

シンプルな玄関。玄関横階段のデッドスペースを使った土間収納の提案。

エントランスのラインが玄関へと誘う。

【スマートハウスとは】

太陽光発電とHEMSを採用したS様邸のスマートハウスは、エネルギーの自給自足を目指す次世代型の住宅です。IT(情報技術)を使用し、HEMSのモニターで電気の使用量や太陽光の発電量が確認できるのが特徴です。どのくらい省エネルギーに役立っているのかが一目でわかります。

【担当プランナーからのメッセージ】