当社の「YONBACO」シリーズは、ハイスペックな重量鉄骨をリーズナブルな価格でご提供する四角い箱型のフリープラン住宅です。
今回は、「YONBACO」を採用し、街中の狭小地に3階建ての二世帯住宅を建てられたお施主様の声をご紹介します。

【浜松市中区:K様邸】

Q:家を建てようと思ったきっかけは?
A:地震のニュースを観て、老朽化した木造住宅で暮らすことを不安に感じるようになり、家族で相談して2世帯住宅に建て替えることにしました。

Q:弊社で家を建てようと決めた理由は?
A:うちは敷地が狭いので、二世帯住宅を建てるなら3階建てにする必要がありました。

でも、3階建てだと木造では強度が心配なので重量鉄骨の家にしようと思い、まずはハウスメーカーに相談しました。
しかし、金額が高いので思い悩んでいたところ、通りすがりにモデルハウスを見かけて以前から気になっていた中村建設のことを思い出したのです。

それで、HPを確認し、実際にモデルハウスに立ち寄って相談してみることにしました。
その結果、建物に安心感を得られ、予算もマッチしたことから、新築をお願いすることにしました。

Q:弊社に家づくりを依頼されて、どんなところがよかったですか?
A:工事監督が自分たちに寄り添って話を聞いてくれたことがうれしかったです。
コーディネートは、全体をイメージすることがなかなか難しく、悩んでしまうことも多かったのですが、出来上がってみるとよくまとまっていたので安心しました。

Q:プランニングの際に間取りでこだわったところは?
A:高齢の母が安全で使いやすいことを何よりも優先しました。特に、「なかけん」さんがトイレの出入口を2方向に設け、1つは母のベッドの脇に設けて専用の出入口にするという思いもよらない提案をしてくれたおかげで、トイレの不安を解消することができました。

Q:素材やデザインでこだわったところは?
A:キッチンの使い勝手や窓の高さにこだわりました。
クロス選びもいろいろ悩みましたが、自分の好みに仕上がった室内を見ると「このクロスを選んでよかった」という思いがこみ上げてきます。
また、マグネットクロスも採用したので、これからどう活用しようかと楽しみにしています。

Q:ご新築のどんなところが気に入っていますか?
A:1番のお気に入りは外観のデザインと、悩んで決めた外壁の色です。
また、狭小地のため広い空間は諦めていましたが、1階も3階もリビングに隣接した寝室の引込戸を開けると広々とした空間になるところも気に入っています。
以前の家よりも日当たりが良くなったのもうれしいですね。
それから、柱を隠すように作った収納スペースや階段下のデッドスペースを有効利用した納戸など、収納をたっぷり確保できたのも良かったです。

Q:夏や冬の住環境はどのようになりそうですか?
A:断熱性能が高いのでエアコンの効き目がよく、節電を実現できそうです。

 

 

重厚な外壁に明るい木目の建具がアクセントに。

 

玄関は同系統の色でまとめて落ち着いた雰囲気にしました。

 

1階LDKと隣接した洋室は建具を全て開けることで一体感のある空間になりました。

 

柱型を隠すようにパントリー収納を提案。

 

キッチン奥のニッチは奥様のお気に入りのポイントです。

 

1階洗面は北面に大きな窓を配置し日中でも明るく。シャッターも付いており安心して使用できます。

 

廻り階段の中央のデッドスペースは収納として利用。

 

2・3階それぞれにバルコニーを設け物干しスペースを確保しました。

2階の居室はかわいらしい雰囲気でまとめました。右側の壁は全て収納とし、収納力抜群の部屋です。

 

各階のトイレは色の組み合わせで印象が全く異なった仕上がりに。

 

3階LDKは日当たり抜群です。淡いメープル色の内観色でさらに明るさを引き立たせます。

 

■担当プランナーからのメッセージ
「旧宅は段差が多く部屋が暗かったけれど、新居は段差が解消されて動線も便利になり、普段の生活の安心感がまるで違います。
それに、今までは台風が来るととても不安でしたが、これからはそんな心配をしなくても良さそうです」と喜んでくださったご家族の笑顔が印象に残りました。
2世帯分のご家族の思いや好みをまとめるため、お仕事の合間にお時間を割いての家づくりは少し大変だったかもしれませんが、完成した住まいにご家族全員が満足されている様子を拝見し、とてもうれしく感じました。

【スペック紹介】
■土地情報  家族所有
■家族構成 :2世帯(親世帯3名・子世帯2名)
■建物の構造 重量鉄骨造
■建物の形状:3階建て
■延床面積 :156.70㎡(47.40坪)
■設備/性能 吹付断熱 ・YONBACO ・狭小住宅